(*´0`*)おはよーブログ

≫http://blue7862q76r7167.blog73.fc2.com/

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひぐらしのなく頃に解 目明し編1巻。

027454300000_p.jpg

竜騎士07
方条 ゆとり

税込価格 : ¥590 (本体 : ¥562)
出版 : スクウェア・エニックス
サイズ : /
ISBN : 4-7575-1928-1
発行年月 : 2007.1

第1話 帰郷
第2話 再会
第3話 オヤシロさま
第4話 「ユルサナイ…」
第5話 ワタ流し

ストーリー
前原圭一が、雛見沢村へ転居する1年前の昭和57年。

園崎詩音は、園崎家頭主・お魎(おりょう)の命により、家族から隔離されて全寮制の学園に入れられていたが、園崎組組員・葛西の手助けにより脱走に成功。興宮に潜伏し、双子の姉・魅音と連絡を取り合いながら、潜伏生活を続ける。

ある日、魅音に成りすまして興宮の町へ買い物に出かけた詩音は、2年前の事故により亡くなったダム推進派夫婦の遺児・北条悟史と出会う。(Wiki)

この編の主人公は『園崎詩音』。

【園崎本家の古いしきたりに「跡継ぎに双子が生まれたならば産湯につける前に絞め殺せ」というものがあるらしい】

しかし、詩音は殺されることはなかった。

【私はこの檻の中で飼い殺される事を何より恐れていたんだ】

悟史という男の子に会わなければ、また彼女が産湯につける前に殺されていればこの惨劇は起こらなかった。


img2frearg0070refrg20fre2_p.jpg
北条悟史。妹の北条沙都子を虐待から護るためにコワレル限界状態。

20070621210240.jpg
悟史は心の中で『雛見沢』から逃げ出したいと考えるようになり、

それから姿が見えない『足音』に悩まされるようになる。

『オヤシロさまの祟り』経験者のレナに打ち明ける…。

20070621210248.jpg
「でも悟史くんは雛見沢にいながらオヤシロさまの祟りをうけている」

20070621210254.jpg
そして『ワタ流し』の夜4度目の『オヤシロさまの祟り』が起こる。

…あぁ次巻の詩音展開楽しみだぁ。

正直、この巻では新鮮さを感じる刺激はありませんでした。

画も構成も中の下って感じでしたし…。

でも、次巻はシナリオが凄いだけにどうしても期待してしまう。

ってゆうか、このペースでいくとひぐらし2巻恒例のド分厚い本になりそうですね…。

| マンガレビュー | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blue7862q76r7167.blog73.fc2.com/tb.php/1670-52ca5a39

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。