(*´0`*)おはよーブログ

≫http://blue7862q76r7167.blog73.fc2.com/

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PLUTO 3巻。

026469790000_p.jpg
浦沢 直樹著
手塚 治虫著
手塚 真監修

税込価格 : ¥550 (本体 : ¥524)
出版 : 小学館
サイズ : 新書 / 192p
ISBN : 4-09-180237-0
発行年月 : 2006.5

収録話
Act.16 ウランの巻
Act.17 機会に死を!!の巻
Act.18 ゼロニウムの巻
Act.19 エプシロンの巻
Act.20 ロボット嫌いの巻
Act.21 ウランの探し物の巻
Act.22 プルートゥ巻
Act.23 彷徨える魂の巻

『PLUTO』は巻が増すごとにおもしろい!!

3巻はウランちゃん登場という感じではじまる。

ウランは遠く離れた場所で『怯え』、『苦しみ』などの感情を持つ動物を敏感に察知することができる。


img20efaeh4324gsh061228_p.jpg
また、現存する『世界最高水準のロボット四人』

『ゲジヒト』、『アトム』、『ヘラクレス』と残りの一人

20070621205320.jpg
『エプシロン』が登場する。

これで漫画上で『世界最高水準のロボット七人』はすべて

揃ったことになる。

エプシロンは光子エネルギーを扱えるロボット。
光子エネルギーは簡単に街一つ消してしまえる力量。
しかし、戦争を放棄し孤児の里親をやっている。

なんか『MONSTER』の『ヨハン・リーベルト』っぽい。

この巻から『反ロボット教団』という組織が動き出す。

20070621205329.jpg
彼『ハース』の兄は『ゼロニウム弾』という特殊な合金弾で撃ち殺された。

その特殊な弾を撃った者を調べていくと『ゲジヒト』が容疑者に浮かび上がる。

『反ロボット教団』に属している彼はロボット警官である『ゲジヒト』へ憎悪をつのらせ、ついには組織を利用して暗殺にかかる。

謎多き暗躍『アブラー博士』も気持ち悪いロボット使って『プルートゥ』を探す。

20070621205335.jpg
・・ん?『プルートゥ』って?

まぁ、また伏線かな?

あっ最後でてきたぁ!!

『世界最高水準のロボット七人』のうち三体破壊した『プルートゥ』だ。

アブラー博士「命令通りアトムを・・・・殺せ。」

殺されないでくれアトム。

謎がまた増えた3巻でした。

| マンガレビュー | 21:49 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blue7862q76r7167.blog73.fc2.com/tb.php/1667-6bd384e2

TRACKBACK

PLUTO 3巻

こんばんわ。手塚治虫原作で、『鉄腕アトム』の「地上最大のロボット」編を焼きなおした浦沢直樹の漫画『PLUTO』の第3巻の感想です。(2巻はこちら)

| Coffee, Cigarettes & Music | 2008/07/30 23:39 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。